HOME > GUESTBOOK 読者の声

ゲストブック

Please feel free to leave a comment in either English or Japanese.  

Enter your web site, your name, your comment from the top.

 

あべとしゆき水彩画ギャラリーを見ての感想やご意見をお気軽にお寄せください。 

なお、直接メールを送りたい方は、こちらから。

 

 

コメント: 109
  • #109

    Abe Toshiyuki (木曜日, 01 6月 2017 22:23)

    神崎さやさん、大阪展に足を運んでいただきありがとうございました。とても励みになるコメント嬉しく読ませていただきました。水彩画展に来る方の大半は自分でも水彩を描く方たちで、どうしても技法の話になりがちです。ただ、私は絵で大切なのは、技法ではなく作者が描こうとしたものだと思っています。それはモチーフという意味ではなく、もっと内面的なものだと思いながら絵を描いています。大阪での個展は現在検討中です。画集は構想を練って、より良いものを出したいと考えています。しばらくお待ちください。

  • #108

    神崎さや(京都) (月曜日, 29 5月 2017 10:43)

    あべとしゆき様 JWSの大阪展を見に行きました。あべさんの作品目当てで行きましたが、たくさんの美しい作品の中でも、やはりあべさんの作品には違う上品さを感じました。なんというか、技法とか色彩よりも、心のもう少し深いところに感じるものがあります。しかし、正直4点だけではもの足りません。昨年はヒルゲートと梅田茶屋町のジュンク堂で作品を拝見できて感動しましたが、また関西で展示する機会はないのでしょうか? あと、ぜひ技法書ではない画集を出版してください。あべさんの絵は、絵を描かないで見るだけの人たちにも感動を与える絵だと思います。言葉もとても素敵です。個展と画集を心待ちにしています。

  • #107

    Abe Toshiyuki (水曜日, 26 4月 2017)

    Kuuさん、丸善のJWS展を見ていただきありがとうございました。水彩画だけでなく、全ての美術作品は本物を見るべきだと思います。イメージだけでは伝わらないものがそこにあります。最近見た展覧会では、国立新美術館で開催しているミュシャのスラブ叙事詩が素晴らしかったです。時間と体力があれば何時間でも見ていたくなる作品でした。お時間あれば、ぜひ!

  • #106

    kuu (火曜日, 25 4月 2017 14:17)

    こんにちは(^^)
    今日、透明水彩画展へ行って来ました!
    愛らしい作品に感動です。やっぱり、足を運んで実際にみる事は大切ですね
    色々と感じる事があり、行って良かったです
    色んな意味で励みになりました
    以前、時間の許す限り展覧会を観に行く事をアドバイスしてくださって事を思い出します。 ありがとうございます

  • #105

    Abe Toshiyuki (日曜日, 08 1月 2017 22:24)

    今田さん、メッセージありがとうございます。そしてご退職おめでとうございます。後藤君は高校時代の同級生です。私の本を贈っていただけたこと、本当に嬉しく思います。教えていただいた諺、とても深い意味を感じます。ありがとうございます。

  • #104

    今田 安彦 (日曜日, 08 1月 2017 20:44)

    同郷出身で同じ職場で働いた縁で親しくしていただいている後藤久雄さんから、私の退職記念として、「水彩画 光を奏でるために」のプレゼントを受けました。絵の心得は皆無ですが、美しくも優しい色彩で描かれ、また、どことなく懐かしい風景の絵を眺めると、本当に心が和みます。本の中の「静かに絵を描く人、静かに絵を見る人」の一節を読んで、「静かに行く者は健やかに行く、健やかに行く者は遠くまで行く」という古い諺を連想しました。近いうちにヴィヨンギャラリーに行こうと思います。

  • #103

    Abe Toshiyuki (金曜日, 02 12月 2016 22:11)

    Dear Tina,
    Thank you for your kind words.
    It is a eraser which remove the masking ink. ミツワ=Mitsuwa is Japanese conpany. I don't know whether that's selling it in China.

  • #102

    Tina (金曜日, 02 12月 2016 10:58)

    Dear Abe san:
    I love your works. They are great!
    I have a small question, that is what is “ミツワのラバークリーナー”, can I bought it in China? Thank you.
    A fan from China. :)

  • #101

    Abe Toshiyuki (月曜日, 07 11月 2016 07:12)

    梅田の展覧会にお越しいただきありがとうございました。水彩画に限らず、いろいろと試して沢山経験することが大切だと自分では思っています。思わぬ組み合わせから、新しい何かが見つかることもあります。絵を描けること自体がすでに幸せなことです。そんな幸せを感じながら描き続けていたいですね。

  • #100

    雪景色 (日曜日, 06 11月 2016 20:06)

    梅田でギャラリートークをきかせてもらいました。わかりやすくためになって面白すぎました。帰ってさっそく本をよんだり、手持ちのマスキングでラップをまるめてつけて、色をぬってみました。遊びで楽しめてこういう効果をもっと知りたくなりました。実験なのでロフトに売ってた500円のARTspiralという紙でしました。(笑)びっくりしました、安価なのにはがしても平気。いつも買う水彩紙はたまにトラブルあるのに。実は本を見て筆ペンにいれて筆先がだめになり、凹んだことがありました。ストローをななめにきって使うとやりやすかったです。ポイできるし(笑)
    よかったら安価なものでも、もっと水彩を遊べる技法を見つけたら教えてください!

  • #99

    Abe Toshiyuki (土曜日, 09 7月 2016 19:58)

    小野寺様 メッセージありがとうございます。京都ではご高覧いただき感謝です。次の出版は今年の10月を予定しています。東京、大阪、仙台で展覧会や出版記念のイベントを予定しております。大阪は11月上旬に梅田で開催します。また同時期に京都と大阪で水彩画の講座も予定しております。詳しくは後日ホームページ等でお知らせいたしますので、しばらくお待ちください。

  • #98

    小野寺 (土曜日, 09 7月 2016 19:30)

    京都での展示会で原画を拝見し益々ファンになりました。又京都での展示会を期待します。そのときお話のあった,第3冊目の出版の予定は,何時頃になりますか?

  • #97

    Abe Toshiyuki (金曜日, 08 4月 2016 16:21)

    芦澤様、メッセージ嬉しく読ませていただきました。今年の都内での個展は、10月12日~18日まで、丸善・丸の内本店4階ギャラリーに約50点を展示する予定です。他には、4月にJWS日本透明水彩会展、6月に渋谷でグループ展示を予定しています。ホームページにも掲載しますが、メールマガジンにご登録いただければメールでもご案内いたします。ありがとうございました。

  • #96

    芦澤義信 (金曜日, 08 4月 2016 16:13)

    阿部先生
    偶然お名前を知って製作ノートと色彩ノートを取り寄せてみました。
    素晴らしいです。感動しました。
    水彩でもここまで表現できるのかと驚きました。
    行けるのはせいぜい東京なので、都内での展覧会の予定がありましたらお教え下さい。

    芦澤

  • #95

    Abe Toshiyuki (土曜日, 09 1月 2016 21:54)

    典子さん、メッセージありがとうございます。とても嬉しく読ませていただきました。ブログも少し拝見しました。あたたかで優しい絵を描かれていますね。今年は東京の他、京都、名古屋、仙台でも展示の機会があるので、お近くであればぜひ会場にお越しください。自分の絵に満足している画家はあまりいないと思います。だからこそ描き続けられるのだと思います。

  • #94

    典子 (土曜日, 09 1月 2016 20:56)

    初めまして。
    本屋さんであべ先生の画集を見つけ、その透明感あふれる作品の数々に引き込まれてしまいました。
    私は子供の頃から絵を描くのが好きでずっと描いていますが、まだなかなか繊細な表現ができません(30代です)。

    先生の作品の実物を見る機会があればぜひ拝見したいと思っています。

  • #93

    Abe Toshiyuki (月曜日, 28 12月 2015 08:21)

    横山麻衣子様、返信遅れて申し訳ありません。昨日久しぶりに自宅に戻りました。福岡では昨年6月に一度だけデモをしたことがあります。活気のある素敵な街ですね。また機会があればぜひお越しください。
    絵は一人でも学べるし、仲間とも学べます。音楽や絵のある生き方は人生を豊かにすると実感しています。描けない「苦しみ」も「楽しみ」ながら絵とつき合って下さい。いつかお会いできることを楽しみにしております。

  • #92

    横山 麻衣子 (木曜日, 24 12月 2015 13:06)

    あべ先生初めまして。
    本屋でたまたま先生の画集を拝見し、水彩画に見えない素晴らしい作品にただただ感動しました。私も学生時代はずっと絵を描いていたのですが、就職してから筆を置いたままになって数十年。たまに描こうとしてもなかなか筆が進まずショックを受けていた矢先の出会いでした。この度先生の絵に触発されて少しずつではありますがまた描く事を楽しもうと思います!
    福岡在住なので結構難しい・・・かな?とは思いますが、いつか先生の講座にも参加してみたいと考えています(^v^)

  • #91

    Abe Toshiyuki (火曜日, 13 10月 2015 08:02)

    水谷利春様
    「山賊の娘ローニャ」は宮崎駿さんの息子さん、吾朗さん監督の作品ですね。そのような仕事に携わっている方に個展を見ていただき光栄に思います。
    何年か前に男鹿和雄さんの展覧会を見て時間を忘れ見入ったことがありました。日本のアニメが世界的に評価されていますが、その一端は背景画のクオリティの高さが一因になっていると思います。いつかお会いできる機会があればと願っています。

  • #90

    水谷 利春 (月曜日, 12 10月 2015 23:37)

    10月4日に、家族で京王プラザのギャラリーへ伺いました、私は、アニメーションの美術監督をさせていただいているのですが、先生の画集に本屋さんで偶然出会いまして、透明水彩なのに、まるで不透明水彩絵の具の様な質感の表現を直に拝見したく伺いました。

    数ヶ月前まで「山賊の娘ローニャ」というTVアニメの背景画を描いておりまして、北欧の山岳地帯のトウヒの森や、流れの激しい渓流、山城等最近のアニメでは、なかなか自然物を描く機会が少ない作品で、殆ど「削用筆」とデザイン平筆を使用しておりますので、先生ご愛用の「永山流水彩筆コリンスキー」を、是非、使ってみたく思い注文いたしました。
    本日届きまして早速使ってみましたが、さすがに腰が強く「戻り」が良く嬉しくなりました。
    普段の削用筆の3倍程の値段ですが、この仕事をして43年目に手に入れた筆ですので、大事に使いたいと思います。

    是非、また、個展が開かれるようでしたら、足を運びたいと思います。
    「爽やかなのに、どっしりとした、ごまかしのない作品に感動しております」
    ありがとうございました。

    有限会社ムーンフラワー 水谷利春

  • #89

    Abe Toshiyuki (水曜日, 07 10月 2015 06:25)

    Mackyさん、個展に来ていただきありがとうこざいました。ご来場されて見てくれた皆さんの一言一言に励まされています。これからも絵を描き続けますので機会があればぜひ見に来てください。

  • #88

    Macky (火曜日, 06 10月 2015 17:32)

    本日、京王プラザでの個展で作品を拝見させていただきどうもありがとうございました。
    その上、著書へのサインとツーショットも撮らせていただき感激しております。私はまだ水彩を始めて1年の駆け出しですが、先生の数々の作品を初めて間近で拝見し、その光と陰が織りなす風景になんとも言えぬ暖かな感動を覚えました。
    今後も近くでの個展があればお伺いしますし、チャンスがあれば大人気とのカルチャースクールにも参加させていただきたく思っておりますのでどうぞよろしくお願い致します。
    本日はどうもありがとうございました。

  • #87

    Abe Toshiyuki (木曜日, 06 8月 2015 08:25)

    Thank you for your information!

  • #86

    Ocean Yen (水曜日, 05 8月 2015 18:05)

    Dear artist,

    I hope this mail finds you well.

    I am Ocean Yen who is Project Coordinator of Art Revolution Taipei (A.R.T.). I would like to invite you to participate in one of the section of A.R.T, which is International Artist Grand Prize Competition (I.A.G.P.C.) This is one of Asia’s top art contests, looking for worldwide masterpiece to exhibit in the Art Revolution Taipei through the competition.

    There has no entry fee for the submission; the only thing you need to do is sending the entry form with two images and a statement. All medium are acceptable except video and installation. The jurors are professional Asian collectors; they will review all entries not only based on the techniques, also on the possibility for sale in Asian art market. After the juror’s selection, all accepted entries would be exhibited for sale in the A.R.T. 2016 fair. Furthermore, the juror will select some finalists who will be awarded one or two free booth (9m2 each unit) in A.R.T. 2017!

    If your artworks are selected, you don’t need to come if you have no time. We will arrange sales representatives to promote your art on site! I am expecting your participation. Please download the form from the website: www.arts.org.tw/2016/eng/register.html or you can give me your e-mail address for receiving the entry form.

    The following is live video of 2015 Art Revolution Taipei: http://youtu.be/ciD7YFAJ-KI

    Since this year, the deadline for the submission is change to Oct 31. We hope to receive your entry form before the deadline.

    Please feel free to contact me if you have any inquiry.

    King regards,

    Ocean Yen
    Exhibitor Relations & Project Coordinator

    Art Revolution Taipei
    11F, No.167, Sec.5, Ming Sheng E. Rd.,
    Taipei, Taiwan 10589
    TEL: 886-4-2319-1101
    FAX: 886-2-7743-2333

  • #85

    Abe Toshiyuki (月曜日, 15 6月 2015 08:10)

    SKさん、嬉しいコメントありがとうございます。何の情報も先入観もなく作品を見ていただきそのような感想をいただいたことも大きな励みになります。また機会があればぜひお会いしてお話ししましょう。

  • #84

    S.K. (日曜日, 14 6月 2015 22:35)

    本日、エル・ポエタで作品を拝見させていただいた者です。表の絵に惹かれて、フラッと立ち寄った画廊で目に飛び込んできた風景は驚きと喜びを与えてくれました。自分の知っている水彩画と違う!素敵な光と空間が紙に描かれていて、昔どこかで見たことある風景の感動が切り取られているような気がしました。厚かましい質問にも親切にお答えいただき、本にサインまでしてもらって、とても楽しい時間を過ごすことができました。すっかりファンになってしまったので、また近くで個展等がありましたら足を運びたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

  • #83

    Abe Toshiyuki (水曜日, 15 4月 2015 07:00)

    広田さん、先日は赤レンガ倉庫での講座にご参加いただきありがとうございました。ご覧になっている皆さんの熱意にはいつも頭が下がります。自分の講座が少しでも参考になればと考えています。教室は現在ほぼ満席でキャンセル待ちの方もおりますが、ご希望のコースの席が空き次第お知らせいたします。

  • #82

    広田みゆき (月曜日, 13 4月 2015 16:56)

    13時からの、赤レンガ倉庫、デモンストレーションに参加しました。
    魔法のような筆さばきを拝見して、ずっとびっくりしていました。あっという間に完成してしまい、二度びっくりです。
    終了後、気さくにサインして下さり、ありがとうございました。
    初心者ですので、先生のお教室には無理だと思っていましたが、コースがあるとのこと、嬉しい気持ちでいっぱいです!
    今日はお疲れのことと思います。
    ゆっくりなさってください。
    楽しい時間、どうもありがとうございました。


  • #81

    Abe Toshiyuki (木曜日, 26 3月 2015 08:52)

    朱美さん、先日は仙台の講座にご参加いただきありがとうございました。私の講座では技法的なことを中心に教えておりますが、技法は練習することで確実に習得できるものだと思います。それを通してご自分の表現に作り変えていけたら良いですね。またの機会を楽しみにしております。ぜひまたご参加ください。

  • #80

    朱美 sato (月曜日, 23 3月 2015 15:28)

    先生、昨日初めて仙台の講座に参加し、貴重な時間をすごさせていただきました。ありがとうございました!早速家に帰り復習と思いきや、日常の雑多なことに振り回され筆をとっておりません。忘れないうちに頑張りたいと思います!
    先生の優しい声と雰囲気と同じ素敵な水彩画に、魅了されています。
    次回も参加できたら嬉しいです。

  • #79

    Abe Toshiyuki (月曜日, 16 3月 2015 21:18)

    広田さん、先日は横浜髙島屋の個展にお越しいただきありがとうございました。ずっと会場にいたいというのは最高の賛辞だと嬉しく思っています。赤レンガのJWS展に来てくれるのですね? ワークショップはキャンセル待ちが多くて講座の回数を増やすことにしましたので、すでにお申込みであれば多分大丈夫かと思います。会場でお会いできるのを楽しみにしております。

  • #78

    広田 みゆき (月曜日, 16 3月 2015 10:10)

    3月7日に横浜高島屋に行きました。あべ先生の本は手元に置いていつも眺めています。今回初めて個展に足を運んだのですが、ずっとあの空間に居たいと思った位、気持ちが穏やかに優しくなりました。少しお話しできて、とても嬉しかったです。坂田は遠くて行けませんが、横浜赤レンガは行きます。ワークショップはキャンセル待ちなので無理かもしれません。水彩を始めてまだ少しなので、いつか先生のお教室に通えるよう頑張りたいと思います。

  • #77

    Abe Toshiyuki (月曜日, 09 3月 2015 07:44)

    michieさん、昨日は横浜高島屋までお越しいただきありがとうございました。お客様が多い時間もあり皆さん一人一人にご挨拶できなく申し訳ございません。私の作品をとても高く見ていただき光栄です。またの機会を楽しみにしております。

  • #76

    michie (日曜日, 08 3月 2015 22:08)

    今日、友達と横浜高島屋であべ先生の水彩画を見てきました。本やネットで見ていて感動していたのですが、実物はさらに素晴らしくてまるで本当に空気が絵の中にあるようでした。少しお話ししたいと思っていたのですが、来客がとても多く、あべ先生は本にサインをしたり忙しそうだったので遠慮しました。帰りにお茶を飲みながら友人と先生の絵について語り合いました。なぜなのかとても穏やかな幸せな気持ちになるのはなぜでしょうね。お身体に気をつけていつまでも素敵な絵を画いてください。

  • #75

    Abe Toshiyuki (水曜日, 18 2月 2015 10:08)

    井上さん、メッセージとても嬉しく読ませていただきました。昨年は福岡や名古屋で展示や講座を開催しました。来年2016年の3月に京都のギャラリーで展覧会を予定しています。近くなりましたらホームページでも紹介しますのでお待ちください。ありがとうございます。

  • #74

    井上 和子 (水曜日, 18 2月 2015 09:10)

    一年ほど前「静かな光を求めて」の表紙に一目惚れし思わず手に取りました。
    そして迷うことなくレジに向かい私の愛蔵書となりました。今もページをめくるたび
    新たな感動を覚えます。本当に何気ない日常の景色が、あべさんのフィルターを通して表現されることで、心に沁み、静かな感動を湧き起こさせてくれるのです。
    個展や講習会に足を運びたいと熱望していますが、関西の開催が無いのでとても
    残念に思っています。
    大変お忙しいとは存じますが、京都・大阪など関西の私のようなファンの為にも
    ぜひぜひご検討いただけないでしょうか?

  • #73

    Abe Toshiyuki (日曜日, 11 1月 2015 08:03)

    皆川さん、嬉しいメールありがとうございます。返信遅れて申し訳ございません。今年も自分なりのペースで一歩ずつ歩んでいきたいと思っています。またお会いできる日を楽しみにしています。

  • #72

    皆川 征實 (月曜日, 15 9月 2014 10:42)

    山形での個展並びに講習会有難うございました。何度も味わって鑑賞させていただきました。度ごとに視点を変えると異なる味わいができ凄い学びが出来ました。本当に有難うございました。これからすぐにフランス•イタリアのお仕事お疲れのことと存じます。身体に気を付けてお励み下さい。ご期待申し上げます。12月成果を心待ちしております。

  • #71

    Abe Toshiyuki (水曜日, 10 9月 2014 09:12)

    Hirokoさん、恵埜画廊の個展に足を運んでいただきありがとうございました。なるぺく自然体で絵を描きたいと思っているだけですが、多くの皆さんに共感していただき大変うれしく思っています。本は10月15日発売予定です。ぜひ、お手にとってご覧ください。

  • #70

    Hiroko Ohnota (月曜日, 08 9月 2014 11:25)

    金曜日におじゃまさせていただきました。いろいろお話伺えて大変楽しかったです。この空気と水を描く…描ける先生のお人柄、絵を通してなんとなく感じ取っていました。
    すぐ目の前にある草むらや小屋もきっと素敵な絵になっちゃうんだろうなーと思って見ています。とりあえず、来月の出版を楽しみに待つことにします。

  • #69

    Abe Toshiyuki (土曜日, 16 8月 2014 12:25)

    Lemiさん、とても嬉しい言葉ありがとうございます。ふだん絵を描かないということですが、僕はそんな人にこそ自分の絵を見てほしいと思っています。僕にとって人生は小さな感動の連続です。自分が感じた感動を他の人にも伝えたい。それが絵を描くモチベーションになっています。10月に2冊目の本を出す予定です。お楽しみに!

  • #68

    Lemi (木曜日, 14 8月 2014 21:06)

    書店で偶然あべさんの「静かな光を求めて」を手にしました。ふだん絵を描く事のない私は技法書の棚に行くこともほとんどなく、本当にたまたま見つけた本です。最初は表紙の雑草の輝きに目を奪われ、そして中身を見て心が揺さぶられました。さらに短くて深い、詩のような言葉。絵も描けて、詩もかけて、人を感動させる才能を持った方と出会えて幸せです。益々のご活躍、心より楽しみにしております。

  • #67

    Abe Toshiyuki (日曜日, 27 4月 2014 15:17)

    kyokoさん、個展に来ていただきありがとうございました。せっかくお越しいただいたのにお会いできなく残念です。ご高覧いただき嬉しいです。横浜の講座でお会いできるのを楽しみにしています。

  • #66

    Abe Toshiyuki (日曜日, 27 4月 2014 15:12)

    和比古様、嬉しいメッセージありがとうございました。返信遅れて申し訳ありません。第2弾については、年内に出版する計画があります。ご期待に応えられるように、良い作品を描いていきたいです。どうぞ、楽しみにお待ちください。

  • #65

    kyoko (日曜日, 27 4月 2014 01:34)

     昨日、御茶ノ水での個展に足を運ばせて頂きました。そしてひととき本当に幸せな気分になりました。やさしい光にあふれた世界に触れ、心が自然に開放されていくような不思議な感覚を覚えました。
    今回はご不在でしたが、昨年東京の水彩画展では、たまたま阿部先生とお話する事ができ、枯れ草までをも愛おしいと語られる姿にファンになりました。
    横浜でも講習会があるようなので、近いうちに参加させていただきたいとおもっています。
    よろしくお願いします。

  • #64

    和比古 (日曜日, 20 4月 2014 15:06)

    「水彩で描く美しい日本」から、先生の絵に感動し、「水彩画 静かな光を求めて」にたどり着き、もう購入してから半年以上になりますが、毎日のように見させていただいています。何度見ても感動が薄れるものではありません。第二冊目の画集出版のご予定は無いのでしょうか?ぜひまた、本物を見る機会のない地域にいる者のため、次の画集を出版していただきたいと願います。

  • #63

    Abe Toshiyuki (金曜日, 21 3月 2014 18:55)

    順子様 メッセージとても嬉しく読ませていただきました。海外でお暮しの方のようですね。わざわざ本を取り寄せていただけるなんてとても光栄に思います。絵は主に個展の時にお譲りしております。個人的に問合せしてくる方もおりますが、原則として個展の後に相談いたしております。より詳しい話が必要な場合は、直接メールをくださればお返事いたします。

  • #62

    順子 (金曜日, 21 3月 2014 17:09)

    こんにちは。FBで白い花の絵を見て、こちらへたどりつきました。繊細で優しく柔らかく、かつ緻密で、なんて素晴らしい作品なのでしょう!感動しました。日本から本を取り寄せたいと思います。ちなみに絵は販売なさっているのですか?

  • #61

    Abe Toshiyuki (土曜日, 22 2月 2014 06:57)

    Thank you Natalia! It's very nice of you to comment. I'm glad you enjoyed my paintings. Thank you so much again!

  • #60

    Natalia (土曜日, 22 2月 2014 00:24)

    I am impressed by your painting! Great personnality! Strong character! God knows how I wish to be able to paint like this! ))) That's a pity that you are in Japan and I am in Russia and I can't come to you to learn this... The Japanese feel the nature so deep, but your art is even above any words.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あべとしゆき水彩画ギャラリー

last update; 2017.8.14

 

 

INDEX

 水彩作品 WATERCOLOR

 展覧会    EXHIBITION

 ■エッセイ ESSAY

 ■出版物    PUBLICATION

 水彩講座 WORKSHOP

 スケッチ   SKETCH TOUR

 水彩教室 LESSON

 鑑賞講座 LECTURE

 読者の声 GUESTBOOK

 リンク  LINK

 英訳紹介 ENGLISH

 

 

出版のお知らせ

水彩画 光を奏でるために

~あべとしゆき色彩ノート~

2016年10月発売

水彩マスキングの可能性について詳しく書きました。作品図版も多数掲載しております。

Amazon 本体2,200円

 

水彩画 小さな光の音楽

~あべとしゆき色彩ノート~

2014年10月発売

水彩技法書第2弾のテーマは絵の具と色彩。前回同様に前半は作品図版を多数掲載しています。

日貿出版社 本体2,000円

 

水彩画 静かな光を求めて

~あべとしゆき制作ノート~ 

私にとっては初めての技法書を上梓しました。作品図版を多く掲載し作品集のような構成になっています。全国の書店で発売中です。

日貿出版社 本体2,200円

 

水彩で描く美しい日本

ふるさと東 北

表紙も含めて、あべとしゆきの作品が5点掲載されています。

 日貿出版社  本体2,500円

 

 

 

 

メールマガジン登録

あべとしゆきの展覧会、水彩講座、レッスン、教室等の最新情報をメールでご希望の方は、下記の登録フォームをご利用ください。

     ↓

メールマガジン登録フォーム